バイクに乗るために必要な免許

バイクにはいくつかの種類があって、排気量によっては必要な免許も変わってきます。

免許の種類は大きく分けると、原付、小型、普通、大型の4種類です。

さらに原動機付自転車、小型限定普通二輪、AT小型限定普通二輪、普通二輪、AT限定普通二輪、大型二輪、AT限定大型二輪となっていますが、持っている免許によっては、乗れるバイクの種類も限られます。

原付は50ccまでのバイクで、スクーターとも呼ばれています。

125cc以下は小型になりますが、小型を持っていれば原付も運転できます。

ATとマニュアルの免許がありますが、マニュアルの免許があればATも運転できます。

しかしATだけの場合、マニュアルは運転できません。

普通免許は400cc以下ならどのバイクでも運転できます。

大型二輪を持っていれば、全てのバイクを運転できます。

ATとマニュアルに関しては全て同じ条件です。

このようにバイクの排気量によって、乗れる種類も限られてしまいます。

ちなみに大型で運転できるのは、排気量が650ccまでとなっています。

最初から大型免許を取っておけば、種類に限らずどれも運転できますが、初心者には扱いにくい大きさの物もあります。

免許取得には教習所に通いますが、実技もあるので無理をしないようにしてください。

初心者には小型や中型がオススメです。

ある程度バイクの扱いに慣れ、乗りこなせるようになってから大型を取ったほうがいいかもしれません。

特に体の大きさによっても向き不向きがあるので、よく考えておきましょう。

◇参考サイトのご紹介・・>[バイク免許の種類と取り方

バイクに乗るために必要な免許 はコメントを受け付けていません。

Filed under バイクの種類

Comments are closed.