スカイウェイブというバイクの魅力

バイクにはメーカーによる違いや、メーカーの中でも人気の車種などいろいろあります。

スズキはバイクメーカーとしても世界的に知られていますが、その中のスカイウェイブは特に人気があります。

種類はスクータータイプになりますが、幅広いラインナップがあり、排気量別にシリーズ化されるほどの人気があります。

スカイウェイブの排気量は250cc、400cc、650ccの3種類です。

スクーターというと原付のイメージがありますが、大型のスクーターとなります。

正面から見ると普通のバイクですが、横から見ると確かにスクーターです。

これは排気量にかかわらず全てのスカイウェイブに共通しています。

スカイウェイブ250は1998年に発売されました。

ちょうどスクーターがブームとなっていた事もあって、かなりヒットしていました。

同時期にスカイウェイブ400も発売されていますが、こちらも大ヒットしています。

一番大きいスカイウェイブ650は2002年に発売されますが、世界最大のスクーターとして大注目されました。

世界最大のスクーターは日本のみならず世界からも注目され、輸出も増えています。

ちなみに輸出されたスカイウェイブ650は、海外ではBURGMANと呼ばれています。

モデルチェンジ後はフォルムもスマートになり、近代的なイメージとなっています。

大型でもスクータータイプとなっているため、扱いやすさが通常のバイクと違います。

大型に乗りたかったけど扱いにくさがネックになっていた人も、スカイウェイブなら扱いやすいと思います。

スカイウェイブというバイクの魅力 はコメントを受け付けていません。

Filed under バイクの種類

Comments are closed.