バイクで道路を走る時の注意点

バイクでは一般道路、高速道路を走りますが、それぞれの道路を走るにあたり注意しておきたい事もいくつかあります。

一般的には車や歩行者、自転車も多く走っている一般道に比べて、高速道路の方が走りやすいのは確かです。

道路が空いているとついついスピードを出してしまいたくなりますが、スピードが出ているほど事故を起こした時のダメージは大きくなるので注意しましょう。

それぞれの道路には交通ルールがありますが、ルールを守るのは当たり前の事です。

バイクには種類があり、排気量も違ってきます。

一般道路はどのバイクでも通行できますが、高速道路を走れるのは125cc以上となっていますので、それ以下のバイクは通行できません。

市販されているのは150ccになるため、高速道路を走るには150cc以上のバイクでなければいけません。

道路は常に乾いているとは限りません。

雨の日は水溜りができる事もありますし、雪が降る地域では雪の中を走行しなければいけない事もあります。

地域によっては雪が多い時期は道路を封鎖して通れないようにしますが、一般道路は雪があっても走ります。

車はある程度雪があっても、スノータイヤやチェーンを装着すれば走行可能ですが、バイクの場合は雪があると危険になる事があります。

オフロードバイクはある程度の雪でも走る事はできますが、安全性を考えてバイクに乗らないという選択肢も考えておきましょう。

バイクでは交通違反はもちろんですが、安全性を考える事も大切です。

バイクで道路を走る時の注意点 はコメントを受け付けていません。

Filed under バイクと交通ルール

Comments are closed.