生産終了したバイクの注意点

生産終了したバイクの部品は法律で最高8年間は部品の保持がメーカーに求められていますが、それ以上になると使い切り終了になってきます。

共通部品などもありますし、実際は10年以上バイクの部品があるケースも多いのですが、不人気車など需要が少いバイクの場合は数も少なめな為に部品が欠品しやすい傾向にあるようです。

とはいえ20年前のバイクでも部品がまだ販売されていた話もありますし、性能維持部品に関しては一定数以上のオーダーが入ればメーカーが再生産してくれるようになっています。

ですが販売されている部品は新品ではなく性能維持用の部品である場合も多い為、生産終了したバイクを使う場合は部品のストックをとっておくなどの配慮はした方が良いかもしれません。

人気のあるバイクの場合は生産数も多い為に部品の在庫も多く、欠品は少ないようですが年数が経過すればするほど部品は減っていきます。

いつまでも部品が常にあるというわけではありませんので、生産終了したバイクを愛用している場合は注意した方が良いでしょう。

またバイクは年々新しいモデルが販売されており、日本でも需要が高い乗り物ですが原付などの免許も取りやすく使いやすいモデルが人気となっています。

時代に合わせてバイクや自動車の人気は変動しますが、バイク販売店は一定数以上ありますし地元のバイク屋は固定客を保持しています。

バイクは駐車もしやすくスペースも取らない為、日本の狭い国土にも合っているのかもしれません。

生産終了したバイクの注意点 はコメントを受け付けていません。

Filed under バイクで注意すること

Comments are closed.